イマコレ!

今おすすめなコレを紹介

【夏がくる】腹筋を鍛える方法【ダイエット】

夏が着て薄着の季節。

こんな季節になると、水着を着る機会もあったりで気になるおなか周り。

そこで腹筋を鍛える方法を調べて実際に挑戦していこうと思う。

※実際に挑戦中

 

トレーニング方法といえば、ems運動器やワンダーコアなどいろいろある。しかし、シンプルに筋トレする方法でも十分効果があると思う。

 

方法としては、座った状態で行うトレーニングや、横になった状態でのトレーニングだ。

 

①膝小僧を胸に着ける運動(座った状態)

座った状態で、片足ずつ膝小僧を胸にあてるトレーニング。

これを交互に繰り返す。

ポイントは、足を動かすこと。背中は少し丸めること。

 

②膝小僧を顔に近づける運動(横になった状態)

仰向けになって、肩を浮かせておへそを見るような状態で、膝小僧が顔にあたるくらい近づける。

これを交互に繰り返す。

ポイントは、足を動かすこと。

 

③太ももに両肘を近づけてキープする運動(横になった状態)

仰向けになって、膝を90度(床と並行)になるように曲げ、その状態で腕を組み、両肘を太ももに近づけて数秒キープ、止めるを繰り返す。

ポイントは、息を吐きながら太ももに肘を近づけること。

 

④うつぶせになって、おなかをへこませる運動(横になった状態)

うつぶせになって、単純におなかをひっこめるだけの運動。

 

⑤手をまっすぐ伸ばして、左右交互に腹筋(横になった状態)

仰向けになって、膝を45度くらいまげて足の裏を床にくっつけた状態で、両腕をのばして、膝の右側、左側、と交互に伸ばした腕をできるだけ奥の方まで行くように動く運動。

 

⑥腰を浮かせて腹筋を鍛える運動(横になった状態)

仰向けになり、腰を浮かせてまっすぐ天井に向かうように両足を延ばす。両手で床を支える。

 

おまけ

両足で数字を描く運動(横になった状態)

仰向けになり、両足で1~20まで宙に数字をかく。1なら上から下へまっすの運動。2なら、ぐるっとカーブを描きながらお腹を鍛える運動。

 

運動だけでは腹筋は割れないので、食事のバランスも重要だけど、とりあえず気楽にできることからはじめてみよう。

 

現在上記のトレーニングを実践中。